Main Page/ja

Wikimania 2008 Alexandria :: Change the shape of wisdom
Jump to navigation Jump to search

ウィキマニア2008
ウィキマニア2008

エジプト・アレクサンドリア・2008年7月17-19日

Thanks to all for helping make Wikimania 2008 a terrific event!

Watch sessions at Bibalex.org site, give feedback at Comments, post article in your Weblog (tagged with "wikimania2008"), and upload media to Commons with "Category:Wikimania 2008" to share your experience!

The 2009 Wikimania conference will be held in Buenos Aires, Argentina. You can visit the 2009 conference site for more information.

Pictures from Alexandria!
See you next Wikimania!
More photos...


Welcome

ウィキマニア2008の公式サイトへようこそ! ウィキマニア2008はアレクサンドリアで開催されました。有名な新アレクサンドリア図書館が会場となりました。

ウィキマニアとは

ウィキマニアウィキメディア財団事業のどれかに投稿するウィキメディアン全てのための定例会です。これまでに、ドイツ・フランクフルトウィキマニア2005サイト)、アメリカ合衆国ボストンウィキマニア2006サイト)、台湾台北ウィキマニア2007サイト)のような世界の人気都市で行われてきました。(もっと読む

計画

Presentation streams

General details

WikipediaWeekly

en:Wikipedia:WikipediaWeeklyWikipediaWeekly
en:Wikipedia:WikipediaWeekly
Interviews
Foundation Executive Director Sue Gardner,
The U.S. State Dept's "Diplopedia",
Cormac Lawler from Wikiversity
Daily shows - July 16-20
Pre-conf., Day 1, Day 2, Day 3, Post-conf. + Jimbo
Still to come: Kaltura, corpus linguistics and more.

Onsite · Offsite
Subscription · Feedback

Talk to us on Skype!

オンライン参加

  • ウェブサイトや個人ブログでできる宣伝の一覧
  • ウィキマニアに関するブログがある人は、「ウィキマニア2008」のタグを貼り付けてください。
  • IRCでウィキマニアについて語れます。

共同作業


過去のウィキマニア

From previous Wikimanias!
台湾台北 (2007) • アメリカ合衆国ボストン (2006) • ドイツフランクフルト (2005)
If I dare list some of the things I loved more specifically, and which help making it what I consider was a *great* wikimania.
Most of the attendees were really wikimedians. Not swarms of journalists, nor curious visitors. There were many times I had this odd feeling we were on meta, or on this list, just chatting or trolling, simply face to face.
I think the central point was a little anthill where we could always find others, someone to talk to, something to look at, something to eat... It felt such a warm place. — Florence Devouard